バッテリー交換の目安

iPhoneのバッテリーを交換するタイミングは、使用頻度や使用しているアプリなどによって個人差がありますので一概には言えません。ただし、目安を確認することは可能です。iOS 10.2.1以降のiPhoneであれば、バッテリーの交換時期がくると、「iPhoneの点検修理が必要になる可能性があります」というお知らせが、「設定」アプリ→バッテリーの画面に表示されるようになります。この表示が出た場合は、バッテリーの性能が低下している危険性があるので、修理や点検に出すといいでしょう。それ以外に、電池の減りが非常に早いようであれば、バッテリーの交換をおすすめします。また、充電が100%と表示されているのに、電源が落ちたり、バッテリーが膨張している状態であったりする場合も、交換の時期と考えていいでしょう。

バッテリーを長持ちさせるコツとしては、100%充電になったらできるだけ早くケーブルを抜くことです。過充電の状態はバッテリーにダメージを与えてしまいます。また、直射日光の当たる場所や暑い日に車の中に置きっぱなしにしないなど、環境にも注意しましょう。バッテリーは熱に弱いので、高温の環境に置いておくとダメージを受けやすくなり劣化が早くなります。できるだけダメージを与えないよう、充電をする際には、ケースから出して充電をするといいでしょう。