バッテリー交換の方法

iPhoneのバッテリー交換の方法はいくつかあります。それぞれの方法について紹介しましょう。一つはアップルストアに持っていく方法です。アップルストアの「Genius Bar」に持っていくと修理ということでバッテリー交換をしてくれます。購入後1年以内であれば無償です。「AppleCare+for iPhone」に加入している場合は、2年間無償で交換してくれます。保証が適用されない場合は、9,400円の交換費用が必要です。また、正規サーボスプロバイダで修理を依頼することもできます。プロバイダがどこにあるかは、Appleのサイトで検索することが可能です。または、家電量販店などに行くと窓口があるので行ってみるといいでしょう。事前に電話で交換時間などや予約について問い合わせておくと、スムーズです。

アップルストアやプロバイダに行く時間がないという場合は、配送という方法もあります。アップルに配送依頼をした場合、修理完了後、約1週間で手元に届きます。そのほかに、iPhoneのバッテリー交換を自分で行うという方法もあります。ただし、特殊な工具が必要であったり、慣れていない人にとっては簡単ではなかったりする場合も多いです。分解してしまうと、アップルの保証を受けられなくなることもありますので注意が必要です。