iPhoneのバッテリー交換について

長い期間iPhoneを使用していると、充電の持ちが悪くなることがあります。しっかり充電したはずなのに、夕方になったら充電切れになってしまうという症状です。仕事が終わった後にiPhoneが使えなくなるため、何かと不便を感じている方も多いのではないでしょうか。仕事が終わってから連絡をしようとしていたのに、充電が切れてしまってできなくなる、ということになっては困ります。

iPhoneにはリチウム電池が使われていますが、リチウム電池には寿命があります。徐々にバッテリー切れが起きやすくなるのはこれが原因です。バッテリーを充電しても消耗する時間が短くなったり、充電できなくなったりするというトラブルが起こった場合は、iPhoneのバッテリー交換が必要になります。なかにはバッテリーの消耗が早い原因が寿命ではない場合もあります。設定やアプリのせいで充電の消耗が早いという場合です。どのアプリが電池を消耗させているのかを確認し、把握してみましょう。もし、アプリや設定のせいではないとしたら、バッテリーそのものにトラブルが生じているか、もしくは寿命である可能性が高いです。バッテリーの交換目安は、使用頻度にもよるので一概には言えません。しかし、電池が膨張する、減りがものすごく早くなる、という場合は、交換時期であることが多いです。

充電しても持ちが悪くなった場合、外出先でいちいち充電させるのは面倒なものです。バッテリーが寿命の場合は、突然電源が落ちてしまうこともあり、使えなくなってしまうこともあるので、バッテリー交換が安心です。当サイトでは、バッテリー交換の目安や方法について詳しくご紹介いたします。